Home > About here > カタルシスの意味

カタルシスの意味について (2004/4)

このHPは「カタルシス」のキーワード検索から来る人もいると思うので、「カタルシス」について簡単にまとめてみました。
ただし私は心理学は素人なので内容の保障はできません。
(四角で囲っているところはMicrosoft Encartaからの引用になります)

カタルシス - Catharsis [ギリシャ語] (Katharsis)
(※英語表記がCatharsis, ギリシャ語表記がKatharsis)

「カタルシス」という言葉は生理的、精神的、心理治療の3つに分類できます。
それぞれの意味は異なります。



1.生理的(医学的)用語としてのカタルシス

もともとは体内にたまった汚物を体外に排出し体内を浄化するという意味のギリシャ語。
(C) 1993-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.

単なる生理的な意味です。語源としてはこのようですが、今日で使われる「カタルシス」がこの意味を指すことはほとんどないでしょう。



2.精神の浄化作用としてのカタルシス

生理的な用語であったカタルシスを、精神に適用したのはアリストテレスが初めてでした。「詩学」(前330頃)の中で述べられています。
これはギリシャ悲劇の解釈のひとつとして用いられたもので、カタルシスは悲劇を見ることによってなされます。

アリストテレスがギリシャ悲劇を観客が好むのは、悲劇をみることで自分の心が浄化される(カタルシスされる)からだと説明して以来、観客が演劇をみる中で主人公に自分を重ねあわせ、主人公のその心情の動きを自分のこととして一喜一憂することが、なんらかの浄化(カタルシス)作用をもつという意味でもちいられるようになった。
--
悲劇の効果は、観客が恐怖と同情(共苦:主人公の苦悩をともに体験すること)を感じることによって最後にはこれらの激情から解放されることであり、この働きは浄化作用(カタルシス)とよばれた。
(C) 1993-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.

悲劇で描かれるモチーフや登場人物の悲しみや苦悩に共感することで、心の奥底の感情が揺さぶられたり涙を流したりし、その結果開放感が得られ、癒されることをカタルシスと呼んだようです。
それは楽観的な思考(明るく・楽しく)では到達できない地点であり、「物語中の悲しみや苦悩への共感」が浄化作用を呼び起こします。



3.心理治療としてのカタルシス効果

しかし今日、カタルシスというと、心理治療のひとつの形を意味する。無意識の内に抑圧されている、過去の苦痛で屈辱的な、あるいは恐怖や罪悪感をともなう体験やその表象を、主体が想起しそれを言語化するときに、その体験や表象にまつわりついている感情や葛藤(かっとう)がその言語表現とともに表出され、それによって「たまっていたものが排出」され、心の緊張がほぐれるようになるのである。

これの発端は、フロイトの初期の共同研究者であったJ.ブロイアーの患者が、催眠状態の中で無意識の中に鬱積(うっせき)していた気持ちを思う存分にかたると、催眠からさめた後にそのヒステリー症状が軽くなり、これを患者自身が「煙突掃除」とよんだことによっている。
(C) 1993-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.

たとえば催眠法を用いて無意識下に抑圧されたものを開放し、そうすることで治癒に繋がるのがカタルシス効果。「心の奥底にあるものを出してすっきりする」ということです。
この場合、相手の話を非難せずに受容することが、不安や緊張を取り除くことに繋がり、話し手の感情の開放を促進できるので効果的です。

催眠や暗示とむすびついたこのカタルシスという治療技法は、精神分析学が催眠からはなれ、文字どおりの「精神分析」をおこなうようになってからは、精神分析の治療技法としては重視されなくなった。

しかし、対話的場面の中でクライアントが過去の経験にまつわる心情をかたるということ自体に、なんらかのカタルシス作用があるはずであり、一般の心理面接や、種々の芸術療法、遊戯療法、自律訓練法、レクリエーション療法などでは、このカタルシス作用を利用している。
(C) 1993-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.

心情を言語化して「表出」すること、誰かに話を聞いてもらうこと、もしくは何らかのアクションを起こして感情を表出することなど、鬱積した感情を開放することで癒されるのが、広い意味でのカタルシス効果になっているようです。
「2」の悲劇の鑑賞との違いは、基本的に対話をすることが癒しに繋がる点です。



まとめ
ここからは私的な感想。
なぜ、見ていて悲しくつらい悲劇が求められるのか。 それは、自分の悲しみや苦悩が浄化(カタルシス)できるから、と言えそうです。 人々の悲しみが、物語(悲劇)として描かれた。そしてそれに共感し、こころが浄化される人もいた。 そうやって悲劇は語り続かれてきたのだと思います。
おそらく悲しみや苦悩が深い人ほど、カタルシスを求めているのではないでしょうか。 悲しみが共有されることで癒されるということは、きっとそれは自分だけの悲しみではないと思わせてくれるからです。
自分の悲しみを見つめ、しっかりと自覚したり吐露することで、はじめて癒し(カタルシス)に繋がるのだとしたら。無理に明るく振舞っても、根本的な解決にはならないということですね。 ネガティブなものを封じ込めようとせずに、自覚したり誰かに聞いてもらうことが、時には必要なのだと思います。




参考資料/関連文献:
Microsoft Encarta 2004
アリストテレス「詩学」
ニーチェ「悲劇の誕生」

GoTop  

Home > About here > カタルシスの意味


Copyright Fumi since 1998